増税前に車を買うかどうか

結婚する事になり、一緒に暮らす新居を見つけた。今は車は売ってしまったけど、駐車場が安い物件なので車を買うかどうかを二人で話した。
彼は電車通勤で休みは週に2日。私は免許を持っていない。
車があれば重い荷物などを歩いたり自転車などで運ばなくていいし、少し遠出する時も車で行ける。
ただ、車の購入費、保険、駐車場代、維持費などを考えると彼も今すぐに欲しいわけではないのだが…
独身の頃は外車にばかり惹かれていた彼。
結婚したら国産の車にするから独身の間は外車にもう一回乗りたいと言ってたので、いいんじゃない?子供が今出来たわけでもないんだし維持費で家計を圧迫しないなら。と言ったのですが、中古の外車か新車の国産車か。一週間迷っていました。
買うなら4月までに買ったほうがいいでしょと私が言うと、
会社に車通勤出来ないので車が必要な時はレンタカーか親戚に借りると言った彼。
そのまま雪国の温泉に二人で旅行へ行く事になったのですが、スタッドレスタイヤの車を2日レンタルすると、一泊2食付きの宿泊代一人分くらいの値段になった。
旅行の為にお金を貯めてやっと来れた温泉だったんですが、
ご飯を食べながら、お布団に入りながらもやっぱり車買ったほうがいいよね…とつぶやく彼。
手遅れになる前に早く決断してほしい…

ワンボックスカーの流行り出した頃からずっとワンボックスカーを乗っていました。
見晴らし、馬力、広さ、何をとっても一番の車だと信じて疑わずに愛用していました。
ところが、ワンボックスカーから軽自動車に流行りが移行し始め、ふと考え出したのです。
こだわりを捨てても良いのではないかと。
そのくらい、昔に比べたら魅力のある軽自動車が増えたと思います。
見晴らし、馬力、広さはワンボックスカーには多少劣れますが、確実に向上しています。
そして現代にあったエコカーとしての機能もしっかりついていて家計にも自然にも安心。
何より、可愛いデザインやカッコイイデザインなど、種類が豊富ではありませんか。
それでいて軽自動車なんですから古い人間からすると信じられません。
子どもも大きくなり、家族で移動することもほとんどありませんし、主人と二人で乗るには十分。
確かに二人でワンボックスカーは広すぎる気がしていました。
と、考えた末に購入を決意。
軽自動車は馬力もないし危ないと、偏屈で反対だった主人も、展示場を周り私と営業さんの意見、そして決め手が試乗。
普通乗用と代わりがないほどの広さだったり、快適な走りに気持ちが変わりましたね。
今では休みの日は主人が運転するようになりました。
ただ一つ、お値段も機能向上に伴ってしっかり上がっていたのがびっくりでしたよね。

関連リンク

バイク査定をするならこちら;バイク査定ドットコム
車買取のことならここ:車査定情報サイト
自動車保険の比較サイトです:自動車保険の選び方
大型車の免許がほしいなら|免許Z

サブコンテンツ

このページの先頭へ